【お食い初め/やり方】順番や料理など自宅でも安心してお食い初め!

イベント

こんにちは!ファビです。

今回は自宅でお食い初めをする際のやり方、順番、料理、準備する物などについてまとめてみました!

お食い初めとは赤ちゃんが生まれたから100日後位に行う儀式の事です。
古来から日本で行われていて赤ちゃんの健やかな成長と長寿を願う大切な儀式です。

とは言えやり方や必要な物、料理はどうするのかなどの疑問がありませんか?
しっかりと解説していきますので事前に準備してお食い初めが出来るようにしていきましょう!

きっと素敵な思い出になるはずです!

お食い初めとは

まず初めにお食い初めとはどんな儀式なのか?
由来や歴史も簡単に解説していきます。

お食い初めってどんな儀式?

お食い初めとは赤ちゃんに初めて食べ物を食べさせるマネをさせる儀式の事です。

お食い初めの歴史と由来

お食い初めの歴史

お食い初めの歴史は古く、平安時代まで遡るとされていて皇室行事が始まりだとされています。

・室町時代は生後101日目
・江戸時代は生後120日目
・現在は100日~120日目
時代によって行われる時期が変わっていたそうです。

お食い初めには別名が複数ある

お食い初めには別名が複数あります。

地域によっても呼ばれ方が違う所があるそうです。

・歯固め(はがため)
・真魚始め(まなはじめ)
・箸祝い
・箸ぞろい
・百日の祝い(ももかのいわい)

お食い初めはいつ、どこでするの?

お食い初めはいつするの?

タイミングとしては生後100日頃が一般的です。
実は地域によって110日だったり120日だったりとするので、必ず100日目を守らないとダメ!なんて事は無いです。

生まれて100日なので赤ちゃんの体調をみて都合の良い日をチョイスして計画的にやりましょう!

お食い初めはどこでするの?

一般的に自宅でお食い初めを行う方が多いです。
必要な物はネットで検索すれば分かりますし、お食い初めセットなども購入できる事から多くなっているようです。

昔は親戚や親しい知人などを呼んで行う人が多かったですが、最近では両親や祖父母だけを招待してお食い初めを行う方が多くなっています。

お食い初めの準備

ではお食い初めの歴史や何故やるのかが分かったと思うので事前に準備しておく物を解説していきます。

ここを読んで頂ければ当日を迎えられる様にまとめてあります

お食い初めで必要な物

食器

▼食器について

食器については考え方によって使うものが変わると思います。
下記に昔からのやり方と最近のやり方とで別々に解説しています。

▼昔からのやりかた
漆器のお茶椀を使用します。
※男女で茶碗の色が変わります
※地域によって逆の場合もあるそうです
・男の子⇒茶碗内外の全部が朱塗り
・女の子⇒茶碗の外側が黒塗りで内側が朱塗り
▼最近のやりかた
離乳食用の食器(プラスチック)を使用します。
最近ではその後の生活でも使用する、離乳食用食器(プラスチック)を使用する事も多くなっています。

お箸

祝い箸を用意します。

両方の先端が細くなっているお箸です。
お正月などで使った事がある人もいるかと思います。

歯固めの石

赤ちゃんに丈夫な歯が生えるように願って歯固めの儀式を行うために必要な石です。

▼用意の仕方

神社からお宮参りの際に頂く事が多いです。
無い場合は川などでキレイな小石を拾い、洗ってから使うのもOKです。
もちろん使い終わったらお返しするのを忘れずに!

衣装

料理と可愛い衣装を着た赤ちゃんを撮影したい親がほとんどかと思います。
この衣装ですが近年だと袴風カバーオールが人気のようです。
衣装についても予定日から逆算してしっかり準備しましょう!

▼購入できる場所

近年だとお店に行かずネット通販で用意する方が多いようです。
わが家もネットで用意しました。

複数の通販サイトを見て可愛い衣装があるお店を見つけたので紹介しておきますね!
しかもこのお店、行事の衣装だけでなくマタニティーウェアや親子お揃いで使える服なども売っています。
とりあえず一度は見ておくと良いと思いますよ!

わが家で購入した衣装です★

下記のバナーから通販サイトに行けますので是非見てみてくださいね!

お店の名前はスウィートマミーです!



お食い初めで準備する料理

料理については特別なお祝い膳を用意しましょう!

・尾頭付の焼き魚
古くから縁起が良いとされる鯛が一般的です
・赤飯
邪気を祓ったり魔除けの意味が込められています
・吸い物
吸う力が強くなるようにと言う願いが込められています
一般的に具材には鯛を使うことが多いです
・煮物
紅白を表すニンジンと大根や亀の甲羅の様に六角形に調理したカボチャなど
・香の物
季節の野菜の漬物や酢の物

食器とお料理についてお得情報

最近だと料理と必要な食器がついたセットもネットで買えます。
※歯固め石が付いてくるセットもあります

料理を一から作るのも良いですが赤ちゃんがまだ小さく、手が回らないと思うので状況をみて判断してくださいね!

これについても我が家は料理と食器がセットになったものを注文しました。
もちろん歯固め石もついてます!

お食い初め儀式のやり方や順番(当日)

お食い初めには、いくつかのしきたりがあります

事前に確認しておくと当日はスムーズに出来ると思いますよ!

下記を順番通りにやれば当日は問題なしです!

養い親を決める(食べさせる役)

食べさせるマネをさせる養い親をまずは決めます。

この養い親については長寿にあやかるという意味から参加する人で最年長が行う事になっています。
ですが近年では祖父母に頼むことが多いようです。
もちろんパパママが担当する事もOKです。

・赤ちゃんが男の子の場合⇒男性が担当

・赤ちゃんが女の子の場合⇒女性が担当

養い親は赤ちゃんを膝の上に座らせ祝い箸で食べさせるマネをしましょう。

食べさせる順番から歯固めの儀式まで

順番にもしきたりがあります。

▼順番
ご飯⇒吸い物⇒ご飯⇒焼き魚⇒ご飯⇒吸い物

上記の順番を3回繰り返し最後に歯固めの儀式を行います。

▼歯固めの儀式やり方
①歯固めの石に箸をちょんちょんと当てる②丈夫な歯が生えます様にと願いを込めて赤ちゃんの歯茎にお箸で軽く触れる

以上でお食い初めの儀式は終了です。

最後に祝い膳を大人たちで食べましょう。

まとめ

お食い初めについて少しは詳しくなれましたか?
実際に自分の子供に対して行うのは良い思い出になると思います。
しきたりも大事ですが写真の撮影も忘れずにしましょうね!
日常では着ない袴風の和服を着た我が子は絶対可愛いですよ!

それとご紹介した衣装が買えるお店ですが、イベント系で使う衣装だけでなく可愛い普段着もあるので是非見てみてくださいね!

お店の名前はスウィートマミーです!
下記のバナーから是非見に行ってみてくださいね!
わが家はここでベビー服やママの服を買ったりしています!

オススメです!


最後に子育てブログのランキングに参加しています!
下記のバナーをポチっとしていただける嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメント